L―シトルリン

L―シトルリン

精力剤を調べているとL-シトルリンという、
成分を耳にしたことがあると思います。

 

 

日本の研究者によりスイカの果汁から
発見されたアミノ酸がL-シトルリンです。

 

 

シトルリンはスイカをはじめキュウリなど、
ウリ科の野菜に多く含まれてます。

 

 

では、シトルリンにはどんな効果があるのでしょうか?

 

 

シトルリンは血管を広げ、血流量を増やす働きがあるといわれてます。

 

 

シトルリンを摂取すると細胞中すべて、
つまり、体中の血流が良くなるということです。

 

 

この血行促進効果がペニスに働けば、
ペニスまわりの毛細血管が広がります。

 

 

そして、海綿体に血液がスムーズに流れ込むようになると、
ペニス増大につながる根拠として説明されています。

 

 

たしかに勃起という現象が海綿体に血液が流れ込むことで起こる生理現象なので、
血管が拡張されて血行が良くなれば勃起改善効果は見込めます。

 

 

 

 

 

関連ページ

生サプリメント
生サプリメントというのは、その名の通り厳選された 新鮮な素材だけを使用して、非加熱、無添加で製造された生のサプリメントのことです。バリテインはこの生サプリメントを採用することにより体内への吸収率を高めています。
L-アルギニン
アルギニンの摂取で期待できる主な効果は、成長ホルモンの分泌促進による筋肉増強やアンチエイジング、血管拡張による血流改善、疲労回復、免疫力向上などがあります。
L−オルチニン
オルニチンとは、体内に摂取されると腸で吸収され、肝臓や腎臓、筋肉に移行し遊離アミノ酸として単独で存在し体内で様々な働きをします。オルニチンはアルギニンと一緒に摂取することで相乗的な効果が期待できます。
L-トリプトファン
トリプトファンはアミノ酸の一種で、副交感神経を活発化することで、総合的にリラックス、精神を安定させる効果があると言われています。トリプトファンが不足すると、精神的に不安になりやすくなったり、うつ病になったりする傾向があるのです。
亜鉛
亜鉛は体内の約300種類の酵素の組成に必要なミネラルで、男性の生殖器の男性の生殖器の働きにも影響しており、別名「セックスミネラル」とも呼ばれています。
トナカイの角
トナカイの角は毎年生え変わり、オスは春に角が生え、夏くらいに角が抜け落ちます。その成長速度と、角のたくましい形にあやかり、昔から強壮剤として使われてきました。
豚プラセンタ
胎盤であるプラセンタは、哺乳動物が赤ちゃんを生むときに特有の器官として発達していきます。人をはじめ、ウシやウマなどの胎盤からもプラセンタエキスを精製し活用していますが、安全性と良質な成分の実用的な製品化には豚のプラセンタエキスが広く汎用されています
馬睾丸
人間と同じ部位の物を動物から採ると、同じ必要成分を大量に摂取できるため健康に良いという理由から、特に睾丸やペニスは精力アップのための食品として扱われています。
マムシ
マムシの効果には男性の強精作用はもちろん、興奮作用があるとされ、中国では興奮剤として使われた歴史もあります。また、女性には冷え症改善作用が重宝され、性行為の前に女性が服用することで下半身の血流を改善し、より充実した性生活を得ることができます。
すっぽん
すっぽんは、「一度噛みつくと離れない」ということで女性に食いついて離れないほど精力の強い男性といったイメージが湧きますが実際の効能はどうなのかというと成分的にはアルギニンや亜鉛をはじめとした精力関連成分が含まれていることがわかっていて、ほかに必須アミノ酸やビタミンA・ビタミンBなどによる造血作用も高いようです。
タツノオトシゴ
タツノオトシゴは別名海馬(seahorse)とも呼ばれています。昔から漢方薬として用いられており、主に精力増強、滋養強壮などの目的で用いられてきました。そして現代でも、精力増強系のサプリメントの多くに配合されている生薬の一つです。
うなぎ
うなぎには、精子の生成を促す鉄分、セックスミネラルとして名高い亜鉛、疲労回復や血行促進に効果があるEPA・DHAも含有しているビタミンより量は少ないものの、多く含まれています。
サソリ
サソリは薬用としてアラビアやペルシアなどで古くから滋養強壮・精力増強として用いられてきた成分でアミノ酸を豊富に含んでいることから食品としても優れた栄養価が期待できます。
サメ肝油
最近になり、鮫の肝油も健康増進に高い効果を示すという研究結果が出て、注目が集まっています。 その鮫肝油には、オメガ3をはじめスクワレンやビタミンA、ビタミンDなどの健康成分が豊富に含まれています。
さけ白子
オス鮭の精巣である白子は、「核酸」や「プロタミン」という タンパク質成分が非常に豊富で、精力アップ勃起力アップに非常に有効とされています。
しじみ
しじみが肝臓に良いって言われているのは「オルニチン」っていう栄養素が大量に含まれているからです。オルニチンは肝臓の働きを助けて正常に保つ効果があって、疲労回復にもそうとう役立っています。
牡蠣
牡蠣は「海のミルク」と呼ばれるほど栄養が豊富。精液を増やす成分「亜鉛」が食材の中でもダントツに含まれています。牡蠣を食べると男性ホルモンの一種である「テストステロン」の血中の値が濃くなります。すると、勃起しやすくなったり、精液の量が増えて濃くなります。
ローヤルゼリー
ローヤルゼリーは、美容と健康に欠かせないものとして、様々なサプリメントや健康食品に使用されています。ローヤルゼリーというのは働き蜂たちが女王蜂のために、体内で作り出す特別なものです。
トンカットアリ
トンカットアリの根っこの部分を粉々にし、煎じて飲用することで、男性機能の向上効果があると言われています。トンカット・アリの根っこに含まれている成分は、男性ホルモンであるテストステロン値の変化に効果があり、男性の生殖機能増強に効果を持っています。
マカ
マカの強いところは心因性の精力減退にも効果があるということです。男性の場合、ストレスや緊張、不安が続くとテストステロンの分泌が減少してしまいホルモンのバランスが崩れてしまいます。
ムイラプアマ
ムイラプアマは「性機能を改善する木」として知られていて、ムイラプアマには無駄な部分が無いので、樹皮、根、茎、葉に至る全てが滋養強壮や性機能回復などで利用されています。
ニンニク
精力減退や疲労回復に効果抜群。ビタミンB群や亜鉛、アルギニンといった 精力増強に欠かせない成分が豊富です。働く男性ほど疲労物質が蓄積している分だけ疲れがなかなか抜けにくく食欲や性欲が低下しています。
冬虫夏草
冬虫夏草にはさまざまな効果や効能があります。冬虫夏草は古来から滋養強壮や精力増進、健康促進、不老長寿の妙薬として中国で愛用されてきました。
高麗人参
高麗人参は、媚薬というどこか曖昧な表現ではなく、EDの改善、精子の活動を正常にするなどの効果が期待できるということが明らかになりました。
クコシ
クコシは古来から遺精の症状に使われており、精力減退の薬として使われていました。 また、視力減退の特効薬としても使われていたようです。 他にもアンチエイジング作用や免疫力アップ、血圧やコレステロールを下げる作用もあります。
カツアバ
精力剤に含まれるカツアバとは、南米アマゾンに自生する生命力の強い植物です。アマゾンの媚薬として大変多くの方に愛飲されています。男性の精力剤に用いられ、その効果は絶賛されており力が漲る媚薬です。ものすごい効果を実感できることから、精力剤に配合されており、男性の勃起不全の薬として用いられています。
田七人参
田七人参の有効成分には「サポニン」という物質が含まれています。サポニンには血液をサラサラにする効果があり、勃起力や精力増強に期待できるとされています。
クラチャイダム
クラチャイダムは、タイでは馴染みの深いハーブの一種で、シャム王国1000年の歴史の中で最も男性に 愛用されてきた天然ハーブとも言われています。原生林のなかに自生しているショウガ科の植物で、日本では「黒生姜」と訳 されますが、「黒ウコン」とも呼ばれています。
ガラナ
アマゾン流域が原産地として知られており、ジュースやチョコレートガムなどにもその成分が配合されているガラナ。このガラナ実は精力剤や強壮剤にも使われています。
エゾウコギ
エゾウコギというのはウコギ科の植物で、 日本では北海道に自生していることからこの名前が付けられています。古くから滋養強壮や疲労回復、体力強化などの効果があることが知られてきた植物です。
赤ガウクルア
赤ガウクルアは日本ではなじみがありませんが、タイでは「天然のバイアグラ」と呼ばれていて、精力向上や、疲労回復、ED改善の効果が期待できるといわれています。
ワイルドヤム
ワイルドヤムは、精力増進に効果があり、気分が良くなり、ストレスに強くなり、筋肉を引き締め、免疫力を強め、ガンや心臓病を予防するといわれています。
霊芝
霊芝の効果は免疫力の調整作用。免疫力が下がっている場合には強化し、過剰な場合には緩和します。

ホーム RSS購読 サイトマップ